ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean

上尾商工会議所にて2019年2月19日に労務や年金についての無料相談を実施します。働き方改革などで、どのように対応したらよいか、ご不明な点があれば、ドンドンご相談ください。お待ちしております。

いよいよ2019年4月より、年5日の年次有給休暇の確実な取得が義務付けられます。意外とわかりづらい点があり、例えば年次有給休暇の時季指定の方法や管理の仕方、就業規則への規定など、よく質問を受けることがあります。戸惑われている会社が多いようです。これからは、労働者の方々が職場の上司や同僚に気兼ねなく年次有給休暇を取得できる職場づくりに取組んでいくことが必要となるでしょう。

 4月1日より17種類の雇用保険二事業助成金は13種類に整理統合され、助成金内容等も一部見直されます。

 具体的にみると、キャリアップ助成金は正社員化コース助成金の要件が厳しくなり、両立支援等助成金では出生時両立支援コース助成金が拡充しています。

 助成金は種類も多く、このような内容の変更等も踏まえ、支給要件を詳細に把握するよう努めることが重要です。

働き方改革の目玉の一つである、同一労働同一賃金。同じ労働であれば正社員であろうとパートタイマーであろうと

同じ賃金を支給するべきということですが、賞与の支給など、難しい部分も多々あるようです。また事業主の中には

同一労働同一賃金を、従業員すべて同じ賃金にしなければいけないと間違って解釈している場合もあるようです。言葉というのは、特に法律というのは、誰でも理解できるように表現することが大切ですが、それが難しいところです。

年金は裁定請求することが基本です。しかし年金の仕組みがわからない人にとっては振替加算など請求するのは簡単にはいかないようです。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 16, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ソーシャルメディア